AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > ワックスのせいで薄毛が進行するって本当!?

2017.01.24
ワックスのせいで薄毛が進行するって本当!?

ワックスのせいで薄毛が進行するって本当!?

知っていますか、その恐怖の可能性。あなたの手に今あるそのワックスが、あなたの薄毛を進行させているとしたら!?
「ちょっとした薄毛や抜け毛なら気にしないよ、大したことはないさ」という人もいるかもしれませんが、10年後15年後にも笑っていられるでしょうか?

後悔先に立たず、後悔役に立たずです。
ワックスについて知るべきことを知り、注意すべきことは今から心がけておくのが、10年後に泣かないための秘訣です。

なぜワックスが薄毛や脱毛を呼ぶのか?

ワックスは頭皮に付着し、毛根に詰まっていきます。
毛根にしっかりと入り込み詰まったワックスは毛穴の中に頭皮を残し、その皮質を栄養にアクネ菌が繁殖します。
想像してみてください、あなたの頭部。頭皮の中にみっしりと詰まるワックス、そしてその中でザワザワと繁殖していく細菌を。なんとおぞましいことでしょう。
これらの細菌は頭皮の内部に炎症を引き起こし、フケ、抜け毛、薄毛の原因となります。

洗髪は充分ですか?

「髪は毎日洗っている。場合によっては一日に二度はシャワーを浴びているから俺は大丈夫だ」と思っているあなた。本当に大丈夫でしょうか?
シャンプーを使った洗髪は爽快感がありますから、汚れやワックスがすべて落ちていると思いがちですが、ワックスのあのコッテリした手触りをもう一度思い返してください。

ワックス(蝋)の名前の通り、ワックスはとても落ちにくい成分で構成されていることが多いもの。
さっとシャンプーしただけでは落ちていないことも多々あります。
ワックスを使用した日は丁寧な洗髪を心がけてください。

とは言え、逆に入念に洗い流そうとしすぎて、頭皮本来の持つ脂質まで洗い流してしまえば、それもまた頭皮にとっては大きなダメージとなります。
それもまた、ヘアワックスが結果として頭皮を傷付ける要素のひとつでもあります。

ワックス自体の成分にも注意

ワックス自体の成分にも注意

ヘアワックスには界面活性剤が使用されていることが多くあります。
これは髪を柔らかくし、セットしやすくするためのものですが、界面活性剤にはたんぱく質を破壊する働きもあります。
頭髪をつくる要素のひとつであるたんぱく質を破壊してゆく界面活性剤が、頭髪、頭皮にとって良いものであるはずがありませんね。
たまの使用ならばそれほど気にすることはありませんが、常用する場合にはなるべく界面活性剤の少ないものを選ぶなどの工夫も必要でしょう。

髪に悪い可能性があると言ってもワックスなしではスタイリングは難しいものです。
ワックスの必要のない髪型にしてしまうという選択肢もありますが、やっぱりワックスは便利なもの。
使うワックスを選び、ワックスと上手なおつきあいを続けていきたいものですね。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法