AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > AGA予防には「枕なし」で寝るのが良い? 髪への影響は?

2017.07.07
AGA予防には「枕なし」で寝るのが良い? 髪への影響は?

AGA予防には「枕なし」で寝るのが良い? 髪への影響は?
 
薄毛は睡眠の影響を大きく受けるもの。AGA予防には自分に合った枕を使うのが良いとも言われていますが、実は枕自体を使わず「枕なし」で寝るのも一つの対策です。
ここでは枕なしで寝ることとAGA予防の関係をご紹介していきます。
 

枕なしで寝ることのAGA予防のメリット

枕なしで寝ることで、AGA予防上、次のようなメリットが生まれてきます。
 
・血流が改善される
枕を使うと首がどうしても曲がり圧迫された状態になるので、睡眠を続けると徐々に首回りの血流が悪化します。特に背の高い枕を使うと首に角度が付きやすくなるため、血流悪化の原因となりやすいです。血流が悪化すると頭皮にも栄養分が運ばれにくくなりますので、結果的にAGAを促進する原因に繋がってしまいます。
一方で枕なしで寝ると、首に角度が付かない為血流が圧迫されず、正しく栄養分が循環します。
 
・呼吸が改善される
枕を使うと首が曲がるため、呼吸もやや圧迫されて上手く酸素が取り込めなくなる恐れがあります。
一方で枕なしで寝ると、鼻孔が真上を向いて睡眠中でもしっかりと酸素を取り込むことができ、呼吸がスムーズに行えるようになります。酸素をしっかりと取り込めると血行が促進し、睡眠自体の質も高まるため、間接的にAGA予防に繋がるメリットがあります。
 

枕なしで寝ることのAGA予防のデメリット

枕なしで寝ることのデメリットはそれほど多くありませんが、挙げるとすれば次の2点です。
 
・寝返りがうちにくくなる
枕なしで寝ることに慣れていない方ですと、寝返りがうちにくくなることがあります。寝返りが正しく行われないと肩こりの原因になり、それが続くとAGAを促進してしまう可能性があります。
 
・寝つきが悪くなる
枕なしで寝ることに慣れていなければ、寝つきが悪くなり睡眠の質を下げることがあります。睡眠の質が下がると間接的にAGAを促してしまう場合もあるため、この点もデメリットと言えます。
 

枕なしだけではAGA予防にはならない

厳密に言うと、枕なしで寝ること自体はAGAの予防にはなりません。これはAGAの促進を和らげるサポートの一つであると知っておきましょう。AGAの根本的な原因は男性ホルモンの乱れとなってきますので、枕なしで寝たからといってAGAが完全に予防・治療できる訳ではないのです。
AGAの予防には、まずは育毛剤などでAGAの根本原因を潰し、その上で枕なしで寝ることによりAGA予防・治療がスムーズに行えます。
 
AGA予防には「枕なし」で寝るのが良い? 髪への影響は?
 
このように枕なしで寝ることで、AGA予防のメリットが生まれてきます。枕なしで寝る方法には余計な費用も一切掛かりませんので、AGAに悩む方は一度試してみてはいかがでしょうか。
 

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法