AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > HARG療法とグロースファクター療法、それぞれの特徴と違いについて

2018.09.28
HARG療法とグロースファクター療法、それぞれの特徴と違いについて

HARG療法とグロースファクター療法、それぞれの特徴と違いについて
 
HARG療法とグロースファクターは、ともに薄毛の改善効果が期待できるとされる毛髪再生医療です。
薄毛改善のために、HARG療法やグロースファクターを検討している方もいると思います。中には、「HARGとグロースファクターの違いは?」「薄毛改善のためにはどういった治療法を選択すべき?」といった疑問を持つ方もいることでしょう。

そこでこの記事では、HARG療法とグロースファクターの特徴や違いについて紹介していきます。
 

「HARG療法」の特徴について

 
HARG療法は、発毛効果が期待できる薬剤を頭皮に注入する治療法です。具体的には、メソカクテルと呼ばれるミノキシジルやビタミンB、コエンザイムなどをブレンドした薬剤と、AAPEと呼ばれる薬剤の2種類を頭皮に注射します。AAPEは人間の体から採取した脂肪幹細胞を培養し、その細胞から分泌された成長因子のことをいいます。HARG療法には150種類以上もの成長因子が含まれており、高い発毛効果が期待できるとされます。
「薄毛治療を受けたいけれど注射に抵抗がある」という方もいるかもしれません。クリニックによっては注射の前に麻酔を使ってくれることもあるので、相談してみると良いでしょう。
 

「グロースファクター」の特徴について

 
グロースファクターに使われるのは数種類の成長因子です。ミノキシジルなどを含んだメソカクテルはグロースファクターでは使われません。ミノキシジル等の効果を得たい場合には、グロースファクターとは別に外用薬として使用します。
グロースファクター療法では、ダーマスタンプ法と呼ばれる注入方法を用います。まず薄毛の部分に成長因子を塗り、たくさんの極細の針を使って頭皮にごく小さな穴を開けます。この穴を伝って毛根周辺に成長因子が浸透し、発毛効果を促すのです。1度に多くの薬剤を注入できるので、より発毛効果を感じやすいという方もいるようです。
またグロースファクター療法では、頭皮に特殊な電流を流してバリア機能を一時的に無効化し、成長因子を浸透させるというエレクトロポレーション法を用いることもあります。
 

HARG療法グロースファクターの違いとは

 
HARG療法は、限られた医療機関でのみ許可されている薄毛治療法です。治療を受けられる場所は限られており、近隣のクリニックではHARG療法が受けられないという方もいるかもしれません。
HARG治療とグロースファクターの大きな違いの1つに、かかる費用が上げられます。HARG治療は有効成分を含む薬剤を多く使用する分、数種類のみの薬剤を使うグロースファクターに比べて治療費が高くなります。ただし、グロースファクターは施術に加えて外用薬などの処方もあるため、施術費用と外用薬の費用を合算して考える必要があります。
 
HARG療法とグロースファクター療法、それぞれの特徴と違いについて
 
薄毛に悩まされている方は、HARG治療やグロースファクターが受けられる医療機関で相談してみてはいかがでしょうか。
HARG療法やグロースファクター療法は、ともに成長因子を使った治療法なので、薄毛改善の高い効果が期待できます。ただし、使われている成分や費用についてはかなりの違いがあるため、どちらを選択すべきかをじっくり検討してみましょう。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法