AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > 生え際の薄毛を解消したい! 生え際の後退にもHARG療法の効果は出る? 

2018.07.11
生え際の薄毛を解消したい! 生え際の後退にもHARG療法の効果は出る? 

生え際の薄毛を解消したい! 生え際の後退にもHARG療法の効果は出る? 
 
おでこの生え際部分の薄毛に悩まされている男性は多いものです。一般的に、生え際部分の薄毛は改善が困難とされています。
生え際の薄毛をどうにかしたいけれどなかなか対策ができない、という方もいるのではないでしょうか。
最近話題を集めるHARG治療であれば、生え際の薄毛の改善が期待できるといわれています。

今回は、生え際の薄毛の改善が難しい理由や、HARG治療によって生え際の薄毛が改善するメカニズムにについて紹介します。

 

生え際の薄毛は放置するとどんどん悪化する

いわゆる「M字ハゲ」と呼ばれる生え際の薄毛は人の目につきやすいため、男性にとってはコンプレックスになってしまいがち。
AGAは男性ホルモンの働きによって進行していくため、放置していると生え際がどんどん後退してしまうこともあります。

治療の開始時期が遅れてしまうとミノキシジルやプロペシアなどの薬剤も十分に効果を発揮してくれず、薄毛が改善しにくくなってしまうのです。

生え際の薄毛を食い止めるためには、できるだけ早いうちに対処しておくことが肝心です。
おでこなどの前頭部は頭頂部に比べると血管が少なく、血流が滞りやすい性質があります。
髪に必要な栄養素は血管から運ばれるため、血行不良が起こりやすい前頭部には特に薄毛が起きやすいといえるでしょう。
加齢によって前頭部の皮膚が固まって乾燥し、血流がさらに悪くなることによって薄毛がどんどん進行してしまうという人も少なくありません。

 

生え際の薄毛はなかなか改善しないって本当?

生え際は顔の皮膚と隣り合っており、おでこの皮脂分泌の影響を受けやすいもの。

生え際で皮脂が過剰に分泌されて毛穴がふさがってしまい、薄毛改善のための薬剤が浸透しにくくなってしまうパターンは多いものです。
薄毛に効果を発揮してくれるといわれるミノキシジルですが、生え際に塗ろうとすると額の方に液垂れが起こってしまうことも。
液垂れしてしまうとせっかくの薬剤も十分な効果を発揮することができません。

しかし、液体の薬剤を液垂れさせずに患部に浸透させるのは、なかなか難しいのです。

 

HARG療法は生え際の薄毛治療にも効果大

HARG治療の回数や効果には個人差もある
 

HARG治療は、頭皮の毛穴に働きかけて発毛を促すメカニズムになっています。
HARG治療に使われるのは、髪の成長因子や、髪に必要なアミノ酸などの成分を含んだHARGカクテルと呼ばれる物質。
このHARGカクテルを頭皮に直接注入すると、毛根にある成長因子が刺激されて発毛効果が生まれやすくなります。

HARG療法はいわば、頭皮の内部から髪の成長に働きかけてくれる施術方法。
なかなか薄毛が改善しないといわれる生え際であっても、毛母細胞さえ活動していれば発毛や育毛は十分可能です。
ただし、生え際の肌質や毛穴の状態によっては、薄毛が改善するまでに多少の時間がかかる可能性はあります。

HARG療法ならば頭皮の血管に直接有効成分を届けることができるので、血管の少ない前頭部にも発毛効果が期待できます。
前頭部の髪が薄くなってしまっても諦める必要はありません。
きちんと治療をしていけば、再び豊かな髪が生えるチャンスは十分にあるといえるでしょう。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法