悪影響はある? AGA治療中に「カツラ」を着用していても大丈夫なの?

悪影響はある? AGA治療中に「カツラ」を着用していても大丈夫なの?

AGAを発症し「人の目が気になる」「外出するのが恥ずかしい」という思いを抱えている方も少なくないと思います。こういったお悩みを解消するためには、カツラを着用するのも有効な方法といえるでしょう。
しかし、AGA治療中のカツラの着用は可能なのでしょうか? 今回は、AGA治療とカツラの関係性について解説いたします。

 

AGA治療中にカツラを取り入れる人もいる

AGA治療は数時間や数日間ですぐに効果が出るようなものではないので、じっくりと治療していくことになります。しかし、治療を始めたばかりの時期はまだまだ薄毛が目立つことも多いため、恥ずかしさやストレスを感じてしまう方もいるものです。
薄毛のお悩みを解消するためのアイテムの1つにカツラが挙げられます。カツラの品質は近年では飛躍的にアップしており、じっくりと見られてもカツラだとバレないようなものもたくさんあります。おしゃれを楽しむために、帽子をかぶるようなイメージでカツラを取り入れる方も少なくありません。

 

AGA治療中にカツラをつけてもいいの?

AGA治療中のカツラに関しては、着用OKとしているクリニックがほとんどです。AGA治療のために頭皮に薬剤をつけるときにはカツラを外すことになりますが、服薬だけという場合にはカツラをつけたままでも問題ありません。
ただし、カツラをつけていると頭皮がムレやすくなるので気をつけたいもの。頭皮のムレによって毛穴が詰まると、髪の成長が阻害されてAGAが進行しやすくなることもあります。
AGA治療をスムーズに進めていくためにも、頭皮の環境はできるだけ良い状態に保ちたいですね。家にいる間はカツラを外す、外出中はトイレなどでカツラを取り、汗を拭くようにするといった対策が有効です。頭皮のムレによるダメージを防いで、AGA治療の効果を高めましょう。

 

AGA治療中のカツラにはメリットもある?

AGAの原因の1つにストレスが挙げられます。強いストレスを感じている状態が続くと毛細血管が収縮したり細胞の成長が阻害されたりするため、抜け毛が起きやすくなるのです。AGA自体がストレスになってさらにAGAが進行するという悪循環に陥っている方は意外と多いもの。カツラを着用することで薄毛のストレスを一時的にでも解消できれば、AGAの進行をおさえることができるかもしれません。
しかし「風が強い日にカツラが取れたらどうしよう」「周囲の人にカツラだとバレたらどうしよう」という不安がストレスにつながる可能性も考えられます。カツラを着用することがかえってストレスにつながる場合には、思い切ってカツラをつけずに生活してみましょう。

 

悪影響はある? AGA治療中に「カツラ」を着用していても大丈夫なの?

AGA治療中にカツラを着用することには、特に問題はないとされています。もしもカツラによってAGAのストレスが緩和されるのならば、治療の効果を実感できるまでカツラを活用するのもよいでしょう。ただし、カツラの着用によって頭皮がムレるとAGAが進行しやすくなることもあるので、十分注意したいですね。