【AGA治療薬の基礎知識】デュタステリドやフィナステリドの有効性とは

【AGA治療薬の基礎知識】デュタステリドやフィナステリドの有効性とは

AGAの治療に使われる薬にはさまざまな種類があります。どんな薬を選んでも治療効果に違いはほとんどないと考えている方もいるかもしれませんが、AGA治療において薬の選択は非常に重要です。近年では、デュタステリドという成分を含む治療薬には、より優れたAGA改善効果があることが分かってきました。
AGA治療を考えている方は、より高いAGA改善効果を得られる薬の選び方についてチェックしてみましょう。

 

フィナステリドを含むAGA治療薬

AGA治療によく使われる薬の1つにプロペシアが挙げられます。プロペシアはフィナステリドと呼ばれる有効成分を含む治療薬です。
そもそもAGAは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンによって引き起こされるもの。フィナステリドには、ジヒドロテストステロンを産生する5αリダクターゼの働きを妨げる効果があるため、AGAの改善が期待できるのです。
プロペシア以外にも、フィンペシアやフィナロという薬にもフィナステリドが含まれています。また、医療機関によってはプロペシアのジェネリック医薬品を処方することもあります。

 

デュタステリドを含むAGA治療薬

近年では「ザガーロ」と呼ばれるAGA治療薬が処方されることも増えてきました。ザガーロは2015年に厚生労働省によって承認され、2016年より販売が始まった新しい薬です。
ザガーロにはデュタステリドと呼ばれる有効成分が含まれています。デュタステリドはもともと前立腺肥大症の治療のために開発された薬でした。しかし、この薬に5αリダクターゼを抑制する強い効果があることが判明したため、AGA治療薬としても広く使われることとなったのです。

 

ミノキシジルを含むAGA治療薬

AGA治療のためにミノキシジルを含む外用薬を取り入れるという選択肢もあります。「ロゲイン」という外用薬にはミノキシジルが5%含まれており、発毛促進効果が期待できます。
ミノキシジルはもともと高血圧の抑制のために開発された薬ですが、使用した患者に発毛の副作用が起きやすいことからAGA治療薬として使われるようになりました。ロゲインは男性だけでなく、女性も使用することができる薬です。

 

本当に効果のあるAGA治療薬を選ぶには?

AGA治療薬の成分であるフィナステリドとデュタステリドには、それぞれジヒドロテストステロンを産生する5αリダクターゼを抑制する効果があります。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、フィナステリドはⅡ型のみを抑制し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害することが分かっています。
AGA治療薬にも色々なものがあり「どれを選択すればいいか分からない」という方は多いと思います。また「フィナステリドを含む治療薬を服用したけれど効果が実感できなかった」という方もいるかもしれません。AGAの治療効果をより高めたいのなら、デュタステリドを含むザガーロの服用を試してみてはいかがでしょうか。

 

【AGA治療薬の基礎知識】デュタステリドやフィナステリドの有効性とは

AGA治療薬にはさまざまなものがあり、その効果は含まれる成分によって異なります。近年の研究では、フィナステリドを含むAGA治療薬よりも、デュタステリドを含むAGA治療薬のほうが効果が高いことが分かっています。優れた治療効果を得たい方は、デュタステリドを含む治療薬の服用を検討するのがおすすめです。