AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > HARG治療法は複数ある! 注射式(パミューレ法)とダーマローラー

2018.08.06
HARG治療法は複数ある! 注射式(パミューレ法)とダーマローラー

HARG治療法は複数ある! 注射式(パミューレ法)とダーマローラー

 

HARG療法は毛根の成長に必要なタンパク質やビタミンなどの栄養素を頭皮に注射し、発毛サイクルを正常化するという治療法です。HARG療法には複数の方法があり、前回は針を使わない「メドジェット」をご紹介しました。

今回はHARG療法の中でも即効性の高い「注射式(パピューレ法)」と広範囲に施術でき痛みが少ない「ダーマローラー」ついてご紹介します。

 

注射式(パミューレ法)は一般的なHARG治療法

薄毛は毛髪の成長サイクルの乱れから引き起こされます。HARG療法は、幹細胞由来の「成長因子」を含んだ栄養分を直接頭皮に注入し、毛根の成長サイクルを正常化するという治療法です。HARG療法には4つの方法がありますが、使う道具は違っても栄養分を頭皮に注入するという点は同じになります。

パピューレ法とも呼ばれる注射法は、HARG療法の中で最もポピュラーな方法です。表皮と真皮の間に細い注射針で有効成分を浸透させるため、即効性が高いのが特徴になります。施術時間は施術範囲によって異なりますが、15分~30分程度であり、幹部には局所麻酔をかけての施術です。

 

注射式(パミューレ法)でHARG治療法を行う時の注意点

HARG療法はもともと人体に存在する成分で作られていることから、アレルギー反応が出ない薄毛の治療方法です。また男性型脱毛症だけではなく、男性とは発生のメカニズムが異なる女性型脱毛症にも効果が認められています。

しかし、HARGカクテルと呼ばれる有効成分を毛根細胞に届けるためには、注射針を頭皮に直接刺さなくてはなりません。
患部には施術前に局所麻酔をかけますが、人によっては痛みを感じることがあります。また、施術後に違和感やほてり、軽い痛みやかゆみなどが現れることもあります。

 

ダーマローラーは痛みが少ないHARG治療法

ダーマローラーは極細のステンレス製のニードルがついたローラーを頭皮に押し当て、転がしながら有効成分を頭皮に浸透させていく方法です。
ダーマローラーの針は注射法とは異なり、表皮にのみ穴を開け、そこからHARGカクテルを浸透させます。
針が細いため注射法に比べ痛みが少なく、注射や痛みに苦手意識を持っている人に向いています。またローラーを転がすという方法を取っているため、短時間での広範囲の施術が可能です。ニードルのついたローラーを転がして頭皮に穴を開けることから、傷の回復作用による細胞の再生とHARGカクテルの相乗効果が期待できます。

 

ダーマローラーでHARG治療法を行う時の注意点

ダーマローラーのニードルは細く、表皮にのみ穴を開ける長さしかありませんが、それでも頭皮に傷をつけるので、人によっては痛みを感じることがあります。
また細かな傷が広範囲に渡りたくさんついているので、施術後は頭部の広い範囲で違和感や軽い痛み、ほてりなどが現れることもあります。傷そのものは大きくないので、施術後の違和感や痛みが引くのに要する期間は、通常は3日程度です。

 
HARG治療法は複数ある! 注射式(パミューレ法)とダーマローラー
 

複数あるHARG療法のうち、注射法とダーマローラーを使った方法をご紹介しました。HARG療法の中で注射法は痛みがあるものの、効果が出やすいという特徴があります。ダーマローラーは広範囲に有効成分を届けることができ、注射法に比べて痛みが少ないのがメリットです。施術方法の違いをしっかり把握したうえで、どの方法が自分に合っているかは、クリニックで相談して決めましょう。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法