プールや海で泳ぐと薄毛が進行しやすいって本当? 対策法はあるの? |名古屋中央クリニック

AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > プールや海で泳ぐと薄毛が進行しやすいって本当? 対策法はあるの?

2019.10.03
プールや海で泳ぐと薄毛が進行しやすいって本当? 対策法はあるの?

プールや海で泳ぐと薄毛が進行しやすいって本当? 対策法はあるの?

 

プールで泳いだり夏に海に潜ったりするのは気持ちのいいものです。しかし、プールの塩素や海水の塩分は髪や頭皮に負担をかけることがあるので気をつけたいですね。薄毛が気になり「できるだけ髪や頭皮に負担をかけないようにしたい」と日々気をつけているのなら、プールや海で泳いだあとには万全のヘアケアを心がけましょう。
この記事では水泳によって薄毛が進行する理由と、髪を守るための対策方法について解説いたします。

 

プールに通うと薄毛が進行するって本当?

「健康にいいから」「気分転換になるから」と定期的にプールに通う男性が増えています。しかし、プールの水には消毒用の塩素が含まれており、髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
塩素を含んだプールの水は、髪のキューティクルを破壊して切れ毛や抜け毛といったダメージを引き起こすことも。また、塩素には皮脂を分解する作用があるため、髪や頭皮の水分が奪われて乾燥が進むというリスクもあります。
プールの塩素濃度はそれほど高くないため、髪や頭皮にそれほど深刻なダメージを与えるわけではありません。しかし、プールに含まれる薄毛を進行させる可能性があるということは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

海水浴が薄毛の原因になるケースもある

プールだけでなく、夏のレジャーの代表格である海水浴にも薄毛のリスクが潜んでいます。
海水には塩分が含まれているため、海に潜ると浸透圧の関係で髪の水分はどんどん奪われていくのです。海水はアルカリ性なので、髪の主成分であるタンパク質のケラチンが溶かされてしまう可能性も考えられます。
海水浴を楽しめるような暑い夏の日には、紫外線も大量に降り注いでいます。海水によるダメージを受けた髪が紫外線を直接浴びると、さらなるダメージを受けてしまうことに。毛髪を形成するアミノ酸は紫外線によって酸化する性質をもつため、海水浴後の濡れ髪を放置すると髪や頭皮は急激に荒れてしまうのです。

 

髪をきちんとケアすれば薄毛は防げる

「薄毛を防ぐためにプールや海では泳がない」という選択をするのもよいでしょう。しかし、たとえプールの水や海水で髪が濡れても、きちんとケアをすればダメージは最小限におさえることができます。
泳ぐときにはシリコン製の水泳キャップをかぶり、塩素や海水から髪を守りたいですね。海に行く場合には、浜辺にパラソルやテントを用意して紫外線を遮るのがおすすめです。泳いだあとにはすぐに弱酸性のシャンプーで塩素や海水を丁寧に洗い流します。洗髪後に髪をしっかりと乾かすことも大切なポイントです。

 

プールや海で泳ぐと薄毛が進行しやすいって本当? 対策法はあるの?

 

「髪のことは気になるけれど、プールや海で思いっきり泳ぎたい」という方は少なくないと思います。確かにプールの水に含まれる塩素や海水に含まれる塩分は髪に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、きちんと対策すれば薄毛を防ぐことは十分可能なので、泳いだあとには万全のヘアケアをしてみてくださいね。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法