AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > 成長因子AAPEとは? HARG治療に使われるハーグカクテルが髪にもたらす効果

2018.07.12
成長因子AAPEとは? HARG治療に使われるハーグカクテルが髪にもたらす効果

成長因子AAPEとは? HARG治療に使われるハーグカクテルが髪にもたらす効果
 
HARG治療では、高い発毛効果が期待できるというHARGカクテルという物質を頭皮に直接注入します。
HARGカクテルに配合される物質の中でも、AAPEと呼ばれる成長因子には、頭皮を活性化させてヘアサイクルを整えてくれる嬉しい働きがあるといいます。

HARGカクテルはどういった物質で、AGAにどう取り入れるのが効果的なのでしょうか?
今回は、薄毛の改善効果が期待できるHARG治療について詳しく紹介します。

 

AGA改善の救世主、HARG治療とは

HARG治療というのは、頭皮に直接HARGカクテルと呼ばれる成分を注入する毛髪再生施術法です。

髪の再生や成長に必要な成分をダイレクトに頭皮に届けることができるHARG療法には、高い薄毛改善効果が期待できます。
HARG治療に使われるHARGカクテルというのは、幹細胞から抽出した成長因子と呼ばれる物質と、育毛に効果を発揮してくれるビタミンやミネラルといった成分をブレンドしたもの。
HARGカクテルに含まれる製剤は脂肪幹細胞から抽出されているので、副作用やアレルギーを起こしてしまう心配もありません。

これまでプロペシアなどの投薬治療が出来なかったという方でも、HARGカクテルならば安心して取り入れることができます。

 

クリニックでのHARGの取り入れ方

HARGカクテルには、髪の再生に必要不可欠な成分が多く含まれています。
HARGカクテルにはAAPEという成長因子のほか、ビタミン類やコエンザイムQ10などが配合されます。
他に、血管を拡張してくれるブフロメジルや、毛髪蛋白質を構成するアミノ酸といった成分もHARGカクテルに配合されます。
どんな成分をどの程度ブレンドするかはクリニックによって違いがあります。

また、頭皮の状態によってもHARGカクテルのブレンド方法は変わってきます。それぞれの成分がブレンドされることによって複雑に結びつき、頭皮環境を改善してくれるのです。

 

HARGに使われるAAPEとはどういったもの?

AAPEは、Advanced Adipose-derived stem cell Protein Extractを略したもので、幹細胞抽出増殖因子蛋白質とも呼ばれます。
AAPEは脂肪幹細胞の上澄み部分から抽出されるタンパク質の集合体です。
AAPEには約150種類もの成長因子が含まれており、これが髪や頭皮に刺激を与え、髪の再生を促してくれるのです。 

 

AAPEは、HARG治療で高い効果を発揮する

AAPEは、HARG治療で高い効果を発揮する
 

AAPEは、生化学検査で問題のなかった健康なドナーの脂肪組織から抽出し、薬剤として精製したものです。
サイトカインと呼ばれる有効物質が150種類以上含まれるAAPEは、HARG療法の強い味方。
頭皮の毛母細胞の活動が鈍ってしまったり、活動が止まってしまったりすると、今ある髪は痩せ細ってしまい、新たな髪も生えにくくなってしまうもの。
AAPEには毛母細胞に刺激を与え、髪が生え変わるサイクルを整えてくれる働きがあります。
毛母細胞に刺激が加わると、毛包内幹細胞からも成長因子が分泌されやすくなり、発毛効果も高まるのです。

HARGカクテルには、AAPEをはじめとした効果的な成分が多く含まれています。
膨大な有効成分が含まれているAAPEを取り入れたHARG療法には、高い発毛効果が期待できます。
髪や頭皮の悩みを解消するためにぜひHARG治療を検討してみてはいかがでしょうか。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法