AGAの治療にはHARG療法(ハーグ療法)による発毛の名古屋中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

  • 発毛
  • 育毛
  • 脱毛抑制

JR 名古屋駅 新幹線口より徒歩2分 アクセス便利!

メール予約 メール相談 tel:0120077635
HARG療法 名古屋中央クリニック

今月の旬なニュース

HARG療法(ハーグ)今月の旬なニュース一覧 > 「暮らし」が薄毛を作り出す!? 生活習慣の改善を!

2015.02.16
「暮らし」が薄毛を作り出す!? 生活習慣の改善を!

39
いつの時代も、男性の深い悩みの種となってきた「薄毛」。
薄毛の為に人の目を気にしていると、ストレスで心まで傷付いてしまいますよね。
 
しかし、なぜ薄毛になってしまうのでしょうか?
今回は、薄毛を誘発しやすい生活習慣と、その改善方法を紹介していきましょう。

 

成長ホルモンの分泌を阻害する生活習慣

睡眠中には成長ホルモンが多く分泌され、日中体内に蓄積された疲労やダメージを回復してくれます。
毛髪や毛根も、紫外線や空気中のゴミ、湿度などの外敵に晒されると傷付いてしまいますので、成長ホルモンに修復して貰わなくてはいけません。
 
しかし、時間帯によって成長ホルモンの分泌量にバラつきがあり、就寝する時間が不規則だと効果的に修復がなされないので注意して下さい。
成長ホルモンは午後10時から午前2時の時間帯に多く分泌されますので、出来るだけこの時間帯に睡眠を取ることが大切です。

 

ストレス社会で薄毛に

 
40
 
ストレスは万病の元と言われますが、もちろん毛髪の大敵でもあります。
ストレスを溜め込むことは、円形脱毛症などの一因にもなりかねないので特に注意が必要です。
 
しかし、現代社会でストレスを全く感じずに生活する事は実質不可能だと言えるでしょう。
蓄積したストレスを発散させることが薄毛対策に繋がります。
 
好きな趣味に没頭したり、体を動かし汗をかくこともストレス解消に役立ちますので、上手にストレスを発散していきましょう。

 

便利なエアコンも髪には有害

エアコンを使うと部屋の空気が乾燥してしまいますが、乾燥も髪にダメージを与える原因の1つです。
毛髪の水分が失われてしまう事で、髪の表面のキューティクルが痛み剥がれてしまいます。
 
こうなると髪のキューティクルの修復は難しくなり、毛髪の健康が損なわれてしまうのです。
エアコンを使う時には加湿器などを併用して部屋の湿度を補ったり、ヘアクリームや日々のコンディショナーなどで髪の毛の保湿をする事が必要です。

 

目の疲れが髪を弱らせる

 
41
 
現代社会では、パソコン・スマホ・テレビ…と、目を酷使する機会が多いですよね。
そして、目を使い過ぎると網膜がダメージを受けてしまいます。
 
それを修復する成分「システイン」は髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質なのです。
髪の毛と目では、目の方が修復すべき優先順位が高いので、髪の毛を作る働きは後回しにされてしまいます。
なので、目をきちんと休ませてあげる事が、そのまま毛髪の健康に関係するのです。
 
目の疲れを感じた時には、瞬きをしたり、遠くを見たりするだけでも目の筋肉の負担を減らす事ができます。
他にも睡眠中はなるべく部屋を真っ暗にしたり、まぶたをタオルで温めたりして、目の疲れを取り除きましょう。
 
恒常的にこれらの事に気をつけて生活すれば、薄毛の改善に繋がります。
生活習慣、部屋の湿度や目の疲れを改善する事は毛髪に良いだけでなく、健康にも好影響が期待できるでしょう
日頃のケアを見直すきっかけにして頂けると幸いです。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホームHARGとは当院について院長・診断士の紹介発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法